3Dスキャンシステムで適切な増毛が可能となるアートネイチャー

薄毛の進行具合や抜け毛が増える年齢が一人ひとり違うように、頭の形状もそれぞれ異なります。

髪が生えていると分かりにくいものですが、薄毛になると形が目立ってくるため同じように増毛の施術をしたとしても、人によっては不自然な髪型に見えてしまいます。

そのため適切な方法で増毛を行う必要があるのです。

 

そこでアートネイチャーのラピーダという増毛方法であれば、3Dスキャンシステムが導入されており頭の形状をデータ化してくれます。

データを取る前にカウンセリングにて、カウンセラーとヘアシュミレーションを行いますので、希望の髪型をしっかりと伝えることができるため心配はありません。

 

そしてアートネイチャーの高度な技術により、増毛をした瞬間から自毛のような感覚になるのも魅力の一つです。

ラクティブベースという技術なら残された自毛に質感を合わせてくれますので、薄毛が目立ちがちな分け目や生え際をカバーすることが可能です。

 

増毛を行うと新品の毛を使用する訳ですからツヤが出て目立ってしまうというケースが見られがちですが、自毛のような自然なツヤ出しをしていることもアートネイチャーの技術力の高さがうかがえます。

 

そして薄毛だからといって黒色にこだわる必要はありません。

白髪はもちろん希望のカラーを実現してくれるので若々しさを取り戻せます。シャンプーもこれまで通り行えますので、自宅のお風呂場以外でもプールや温泉にて心置きなく楽しめます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ